屋久島の魅力

屋久島の魅力をご紹介!


屋久島は1993年に世界遺産として登録。
樹齢7200年といわれ、縄文杉をはじめとする『屋久杉』で有名である自然遺産の島。周囲約130kmでほぼ円形(東西約28km、南北約24km)、面積約500平方kmで日本で7番目に大きな島とされていますが、日本の面積の1/1000(おおよそ東京23区ほど)しかない。
島の気候は亜熱帯から亜寒帯までが含まれており、北海道から九州までの気候が一つの島で体感できる。
島全体の90%を占める神秘的な森や特異な生態系に1500種、日本植物の7割以上の植物種がひしめき合っている。さらに、固有種が約40種、屋久島を南限とする植物が約140種、北限とする植物が約20種も存在するという特性より『東洋のガラパゴス』という呼び名もある。
また、屋久島にある『白谷雲水峡』は、宮崎駿監督のジブリ作品である『もののけ姫』に出てくる森のモデルもあり、『日本の貴重なコケの森』に制定した日本有数の苔スポットで、石や木など、全てが緑色の苔で覆われた幻想的な世界が広がっている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です